ビジネス英語

ビジネス英語を学習するときのポイント

ビジネス英語を学習する最大の目的は、出張先や赴任先でビジネスを円滑に行えるような英語のスキルを身に着けることです。

そのためには一人一人の語学力に合わせて、独自のカリキュラムで学ぶのが効率的です。

特に英会話スクールのマンツーマン指導を活用するのが、短期間で語学力を高めるためのポイントです。

また短期間でビジネス英語を学ぶためには、交渉や契約のように、仕事に直結する内容にターゲットを絞るのが理想的です。

そして総合商社などでの勤務経験のある人が講師であれば、必要なノウハウを効率的に習得することも可能です。

また仕事に役立つ英語を勉強するためには、契約書の作成や取引相手との交渉を進めるときに役立つ表現を中心に学ぶべきです。

そのためには具体的なビジネスシーンを想定しながら、ロールプレイも導入した学習が効果的です。

しかし単に英語を学ぶだけではなくて、赴任先の文化や様々な制度についても学ぶのが理想的です。

現地のビジネスパートナーと交渉を行うときには、人間関係の構築も重要だからです。

したがって親密な人間関係が構築できるような、役立つ英語の慣用表現も学ぶのが賢い戦略です。

また現地の法制度について学んだり、法律に関連する重要な表現もしっかりとマスターするべきです。

特に企業活動ではコンプライアンスが重要なので、現地で企業活動を行うときにも、英語の条文を理解できることが必須条件です。

そのためには幅広い視野で、ビジネス英語を学ぶべきです。

就職にそなえてビジネス英語を勉強しませんか

国際化が進み、日本の企業の中には海外進出する企業が増えてきました。また日本を訪れる外国人の数は年々増え、英語を使う機会が多くなっています。これからの時代、就職して仕事をす... 続きを読む